チャレンジ

どうも、管理人です。

このサイト、放置しすぎてました。

まあ、見てる人はほとんどいないと思いますが・・・

 

 

さて、うちの長男坊が中学卒業ということで、受験生です。

つい最近までずっとクラブの練習に来ていましたが、私立入試を1週間後に控え、すがにまずいということで練習自粛させています。

受験前で私たち両親にガミガミいわれ、大好きなサッカーもさせてもらえなくなる(1週間だけですが・・・)という状況でストレスもあったのでしょうか、クラブの練習中、後輩たちに対して怒鳴り散らしてました。

要約すると、

”上級生やコーチからボールを奪うのは難しい(できないかもしれない)けど、ボールを奪おうと努力することはできるんだから、ちゃんとやれ”

ということでした。

 

 

 

そこなんですよね。

私も指導をしている中で、「”叱る”と”褒める”基準」を選手たちによく話しています。

 

できることをやらなかったり、やろうとしなかった場合は叱る。

でも、やろうとしてミスをした場合はやろうとしたことを褒める。

 

ミスというのはサッカーだろうが仕事だろうが何にでもついて回るものです。

それはチャレンジするからこそ起こるものであって、チャレンジしない人にはミスすら起こらないんです。

 

ミスが起こることで、どうしたらミスが無くなるんだろうと考えるきっかけになります。

自分が完全に成功させられることだけをやっていると、ミスが起こらず成長にはつながりません。

 

チャレンジして、ミスが起こって、そのミスをもう起こさないようにいろんな努力をして、成長していく。

 

 

このサイクルを大切にしてもらいたいなぁと思う今日この頃でございました。

 

ちなみに長男坊。

勉強に関してまったく同じことが言えますのでご注意下さい。

 

以上!!!!!